| 中国語会話

講師全員が日本語能力検定1級取得の四年制大卒中国人だから、
短期間で確実なレベルアップをお約束します。

CHINA FOCUS ACADEMY BLOG

アーカイブ:2013年9月

中国人に贈るお土産

中国人にお土産をあげるときに、どんなお土産なら喜んでくれるかと悩む方が結構いらっしゃるようです。 中国ではおみやげの内容、豪華さは、相手をどのくらい重要視しているかの現れとなります。ですから、おみやげ選びは、中国人とお付き合いする上で非常に重要な課題なのです。

まず、おみやげ選びのタブーは?

【1】中国製の商品(日本メーカーでも中国製はNG) 【2】靴下やタオル、ハンカチなどの日用品(どんなに高級生地でもNG) 【3】置時計と掛時計(発音が縁起が悪いため) 【4】日本茶(中国人はあまり日本茶を好まないと言われています)

そして、受けのいいお土産は?

【1】お手頃価格(2,000円~5,000円): 男性ならタバコ、女性なら化粧品など。免税店で購入できますし、無難だと思います。タバコは大量には持ち込めませんので、これといったおみやげが思い浮かばないときは、「奥さん/彼女/お母さんにどうぞ」と言って、男性に化粧品を渡してもいいと思います。ドラッグストアであっても、中国製の化粧品はありませんので、年齢の若い人や気楽につき合える相手にはOKです。また、化粧品で相手の好みがわからない場合は、基礎化粧品にするとよいかと思います。 【2】1万~2万円前後: ブランドの化粧品セット、システム手帳、お酒などがいいでしょう。また、化粧品と並んで、文房具も日本製が圧倒的に多いですし、日本の文房具は質が良くて、使いやすいので、これも失敗が少ないと思います。 【3】3万円前後:予算に余裕のある場合は、日本のデジタルカメラやMP3プレーヤーなどが圧倒的に喜ばれます。

post5_02

中国のお茶

中国では、古くからお茶を楽しむ習慣があり、歴史とともに変化しながら、一般市民へと普及してきました。 日本では中国のお茶と言うとウーロン茶ですが、ウーロン茶は福建省や広東省、そして香港などの南方地域で飲まれているお茶です。北方に行くと、実はジャスミン茶や緑茶を飲むことが多いです。 日本では10時とか3時とかにお茶の時間がありますが、中国にはお茶の時間はありません、その代わり朝から晩までお茶を飲んでいます(笑)。 しかし、お茶の葉にはコーヒー以上のカフェインが含まれていて、飲みすぎると夜眠れなくなります。飲みすぎには要注意ですね。 中国茶は、特に香りと色を大切にするのが特徴です。香りを楽しむための「聞香杯」(お茶の香りだけを楽しむ茶具)という専用の茶器があるくらいです。 中国茶は製法によって、下記のように大きく6種類に分けられています。

人名の呼び方と書き方

人名の呼び方

中国では、一般的に、男性に声をかける時は姓の後ろに「先生」をつけて呼びますが、女性の場合は「小姐」をつけて呼びます。 また、ビジネスの場で人を呼ぶ時は、よく肩書きをつけて呼びます。例えば「張総経理(張社長)、王董事長(王取締役)」などがあります。現在の中国は、中小企業と個人企業がとても多いので、三人の中に必ず一人の総経理(社長)がいると言われています。特に政府役員など地位の高い人物ほど、その職称、職務をつけて名前を呼んだほうが好ましいでしょう。 民間企業の場合は董事長、経理、部門経理、主任等、 学校であれば校長、院長、主任、教授、講師等です。 初めて会う人なら、事前にその人の肩書きを確認しておいたほうがいいでしょう。

人名の書き方

手紙や文書の中で、宛名などで中国人の姓名を書く場合、日本人が十分注意しなければならないことがあります。それは、人名の姓と名の間に一字空白を設けて、姓と名を離して書いてはならないということです。日本人はよく「山本 太郎」というような書き方をしますが、これは中国では「首と胴体が切り離されている」と言われ、非常に縁起の悪い書き方として嫌われています。必ず中国では「孫中山先生」というように、姓と名はつないで書かなければなりません。

水餃子

餃子の発祥地は中国ということは誰もが知っていることだと 思います。しかし、発%E

中国の苗字

皆さん、こんにちは。今回は中国の名字(苗字)について、コ ラムを書きたいと思います。

中国は世界で一番人口が多いものの、世界で一番多くの名字 が使われている国はアメリカでその数約150万だそうです。ア メリカは移民の国なので、その民族的多様性を見れば名字の多 様さもうなずけるわけですね。日本の名字は、その数27万とも言われています。

中国では、歴史を調べてみると約2万4千以上の名字が存在していますが、現在使われている名字の数は約 4千です。アジアや世界では名字のない国もかなりあります。(ちなみに韓国は274しかありません!)その 中で日本と中国は名字の種類がとても多いほうのようです。

中国の名字の特徴といえば、皆さんもご存知のように一文字の名字が大部分を占めていることですが、2文 字と3文字の名字もあります。有名な歴史上の人物でいうと、諸葛亮の諸葛、司馬遷の司馬、欧陽修の欧陽 などがあります。儒教の影響により、先祖を大切に思い、名字は代々受け継いでいくものと考えられていま す。中国では分家したものが新たに姓を起こすことはありません。日本と違って夫婦別姓なのですが、子供は父方の名字になり、代々受け継がれていきます。

中国で一番多いのは、王(wang)さんで、全国総人口の7.25%に当たる9,288万人。次いで僅差で李(li)さん が9,207万人、第三位は張(zhang)さんで6.83%の8,750万人だそうです。第四位は劉(liu)さん、第五位は 陳(chen)さんです。中国の道を歩いて、「王さん」って呼びかけたら、何人も振り向いてくることになるでし ょうね(笑)

ちなみに、チャイナ・フォーカス・アカデミーでは珍しい名字の諸葛先生もいれば、「趙」や「張」のような よく見かけるような名字の先生もいます。 人口約16億人の中国で、同姓同名の人が多すぎるため、誤認逮捕などさまざまなトラブルが増えています。 漢字2、3字の姓名が圧倒的に多いため、中国政府は一字の名前を避けた命名を訴えています。中国では毎 年約2,200万人が生まれていますが、同姓同名の重複率が高まっているといいます。「張偉」は全国で約29 万人、「王偉」は28万人もいるそうです。 陸上の劉翔選手がアテネ五輪で金メダルを獲得したあと、「劉翔」ちゃんが続々と誕生し、すでに1万8千人 に達したといいますからビックリですね!

ページの先頭へ