| 中国語会話

講師全員が日本語能力検定1級取得の四年制大卒中国人だから、
短期間で確実なレベルアップをお約束します。

CHINA FOCUS ACADEMY BLOG

アーカイブ:2013年11月

中国人が好きな数字

中国人は「8」という数字が好きです。「8」は中国でもっとも縁起が良い数字と言われています。中国語で「8」の発音は「发(発)」fāと似ていて、「发」には「发达」(発達する)、「发财」(財を成す)の意味があります。

そのため、中国では結婚式やお店のオープン、携帯電話の番号、車のナンバープレートなどいわゆる数字に関わるものには「8」を入れたがる人が多いです。中国で高そうな車を見かけたら、ナンバープレートを見てみてください。「8」が入っている可能性が高いです。「8」のゾロ目をつけている車がいたとしたら、ほぼ間違いなく超高級車です。

中国では「8888」が並ぶ番号は100万円を超えるのは珍しくありません。また、結婚や春節の日に爆竹を鳴らす習慣がありますが、爆竹を「8」の数字の形に並べたりもします。

また、北京オリンピックの開会式は2008年8月8日午後8時に北京国家体育場(鳥の巣)で行われたのも有名な話です。この日、北京では1万人にのぼるカップルが結婚届けをしたと言われています。

 

アスペクト助詞「了」

完了を表す「了」については、まず次のような使い方を覚えておきましょう。

 ①  動詞の直後または文末に置き、動作の完了を表す

  昨天我买了两本书。(昨日私は本を二冊買った。)

  他去学校了。(彼は学校へ行った。)

 ②  文末に置き、事態の発生や状況の変化を表す

  春天来了。(春が来た。)

  我今年30岁了。(私は今年30歳になった。)

 ③  動詞の後と文末に置き、動作の継続を表す

  我学了一年汉语了。(私は中国語を一年間勉強してきた。)

 ④  文末に置き、語気を表す

  这件衣服太漂亮了。(この服はとてもきれいだ。)

 

誤った使い方

 × 昨天我买一本词典

 × 昨晚我没看电视

【流行語】铅笔裤

中国語のなかで、衣類の単語は日本語に比べて随分少なく、おおざっぱでしたが、ここ数年、海外からたくさんの単語を取り入れ、新しいファッションの単語が続々と生まれました。今日は、そのうちの一つ「铅笔裤」qiān bǐ kùを紹介したいと思います。

 「铅笔裤」は英語のPencil Pantsから来た言葉だそうです。「铅笔」とは鉛筆、「裤」とはズボンと言う意味です。となると、「铅笔裤」は名前の通りに、鉛筆のようなズボンのことを指します。細長く足にぴったりフィットしているジーンズのことです。別称「烟管裤」(Drainpipe Jeans)、「小脚裤」とも呼ばれています。色は多種多様ですが、中でも紺色が一番の定番でしょう。日本でも2000年頃から随分流行り、今も若い世代の中では男女を問わず、大人気ですね。

今は、もはやオシャレの達人なら必ず持っているファッションアイテムの一つと言っても過言ではないでしょう。中国の知り合いで穿いた人を見かけたら、「你的铅笔裤很漂亮!」とひとこと言ってみるのはいかがでしょうか。

 きっと中国語会話のきっかけになるはずです!

 

kuzi

天气凉了,注意身体

「10月に入り、天気が一気に涼しくなりました。くれぐれもお身体お気をつけください。」

最近このような言葉はしばしば聞きますが、このような表現は中国語で何と言うんでしょう。

この時期にピッタリのフレーズを覚えましょう。

 

Tiān qì liáng le , zhù yì  shēn tǐ

天  气   凉  了, 注  意   身 体。

 

日本語の訳文:天気が涼しくなりました、お身体にお気をつけください。

 

語彙:

 「天气」:天気

 「凉」:涼しい、冷たい

 「注意」:注意する、気をつける。

 「身体」:体

 文法:

 形容詞+了/「変化」を表す 「~になった」

 例文:①房间干净了。(部屋が綺麗になった。)

    ②感冒好了。(風邪が良くなった。)

中国の諺「画蛇添足」

今年(2013年)は蛇年なので、皆さんに蛇と関連のある諺「画蛇添足」をご紹介します。

「画蛇添足」は、蛇を描くときに、蛇足を加えるとの意味で、必要以上に余計なことを付け加えるという意味になります。

 昔、「楚」という国で、一人の官僚が祖先を参拝した後に、参拝用のお酒をご褒美で部下にふるまいました。部下達は話し合った結果、「みんなで飲むには足りない量だが、一人で飲むなら存分に味わうことができる。今から各自地面で蛇を描き始め、先に描き終わった人だけお酒を飲むことにしよう」と決めたのです。

 一人が真っ先に描き終わり、酒壷を手に取り、飲もうとしたときに、周りの人たちがまだ描いているところを見ながら、「君たち遅いね!私は蛇に足を加える余裕もあるぞ!」と自慢げに言い出しました。彼が蛇足を描いている間に、もう一人が蛇を描き終わり、お酒を奪いながら言いました。「そもそも蛇には足がない。蛇に足を加えるなどできるかい」と言いながら、お酒を飲み干した。

 最初に蛇を描き終わった人は、余計なことをしてしまい、せっかく手に入れたお酒を逃してしまいました。

 この諺は、何ごとも必要以上のことをするとそれが物事の妨げになる可能性があることを意味しています。

dasoku

1 / 3123
ページの先頭へ