Q&A集| 中国語研修

講師全員が日本語能力検定1級取得の四年制大卒中国人だから、
短期間で確実なレベルアップをお約束します。

中国にも年号がありますか??

 

「平成」の次は何になるでしょうと最近よく話題になっていますので、

レッスンでもよく「中国にも年号がありますか」と聞かれます。

 

 

実は年号は中国から導入したものだとご存知でしょうか。

年号が日本に伝わってきたのは7世紀でした。

 

中国で初めて年号を作ったのは紀元前140年の前漢の漢武帝です。

それまでの時代、皆さんもご存知の秦の始皇帝の時代などは、

年号がありませんでした。

 

紀元前140年の漢武帝時代から年号を使うようになり、

1912年ラストエンペラーの退位により清の時代が終わるまで、

二千年以上中国はずっと年号を使い続けていました。

 

つまり今の中国では年号がありません。

 

これから中国の会社と契約書を作る際に、

中国にはもう年号がなく、

契約書では西暦しか使っていませんということを

念頭に置いて日付を書いたら良いと思います。

 

「平成30年」といったような言い方は、

日本語を学んでいない中国人にとってはピンとこないもの、

いつの時代なのかさっぱり分からない

ということを理解してあげましょう。

 

ちなみに、台湾では、年号ではないですが、

似たようなもの「民国紀年」をまだ使っています。

 

中華民国元年は1912年ですので、

「民国紀年」の計算式:西暦年 – 1911

 

例:西暦2018年の民国紀年を計算する場合、

民国紀年は2018-1911=107

2018年は中華民国107年になります。

 

台湾の会社と契約書を作る際に、参考にしていただけたら嬉しいです。

 

中国語教室チャイナ・フォーカス・アカデミー

無料体験レッスン受付中

0364309366

info@china-focus.jp

http://gerbera.co.jp/blog/p03/b01/theme-10360/

ページの先頭へ