Q&A集 | 中国語研修

講師全員が日本語能力検定1級取得の四年制大卒中国人だから、
短期間で確実なレベルアップをお約束します。

CHINA FOCUS ACADEMY BLOG

カテゴリ:Q&A集

4月5日中国清明節のお休みは?給与は何倍?

中国の祝日休みは日本と違い、振替休日がなく、振替出勤があります。

 

中国では連休になるように、平日を多く休んだ分、前後の土日で振替出勤して調整するのが一般的な常識です。

 

来週末は中国の清明節がありますが、お休みはいつからいつまででしょうか。

 

また、休みに出勤した場合、従業員の給与は通常の何倍になりますか。中国政府が発表した内容をお伝えします。

 

 

2018年4月5日中国清明節

法定休み:4月5日(給与3倍)、4月6日(給与2倍)、4月7日(給与2倍) 

振替出勤:4月8日  

 

つまり、4月5日が中国の清明節で、お休みは本来1日だけですが、連休にするために、4月6日も休日にしたということで、4月8日は4月6日の代わりに出勤日になります。

そして、4月5日に出勤した場合、従業員に通常の3倍の給与を支給しなければなりません。4月6日と4月7日は通常の2倍で支給し、一方、4月8日の日曜日は振替出勤日のため、日曜日ですが、通常の給与になります。

 

国が変わるとお休みのルールも違いますね。

 

中国支社や中国子会社の従業員管理、また中国の取引先との日程調整の際に、ぜひご活用ください。

 

お勉強になりましたか♪

 

中国の文化や語学を学びたい方は、弊社が運営している中国語教室チャイナ・フォーカス・アカデミーをお選びいただければ幸いです。また、中国語圏異文化認識セミナーも行っており、御社まで日本語能力検定1級取得の中国人講師が出張セミナーをご提供いたします。

 

まずはお気軽にお問合せください。

電話:0364309366

メール:info@china-focus.jp

 

中国語教室http://chinafocus.jp/

中国語企業研修http://chinafocus.jp/companytraining/

中国語圏異文化認識セミナーhttp://chinafocus.jp/seminar_-tourist

中国人にもっと爆買いしてもらうにはどうしたらいいの?

Q:当社は日本製の商品の小売業を営んでいます。最近は中国人観光客の目にも止まるようになったようです。どのような工夫をしたら中国人にさらに「爆買い」をしてもらえるようになるでしょうか?

 

A:まず、中国人は情熱のあふれるおもてなしが大好きですので、免税や銀聯カード使用可のアピール以外に、「热烈欢迎中国顾客光临本店」(中国のお客様のご来店を大歓迎)、「欢迎您来日本」(日本へようこそ)などの中国語を大きく掲げるだけでも、来店数の増加は期待できるでしょう。

 

次は値段設定、できるだけ中国人の好きな数字を設定すると良いでしょう。 「6」と「8」は「順調」と「お金がいっぱい」という意味ですので、「6」と「8」が多く含まれる数字は良いと思います。また、「1」との組み合わせで、「順調になる」、「お金持ちになる」という意味になりますので、これもお勧めです。

 

例えば、¥688、¥888、¥1818、¥1618、¥6688などは、中国人にとって嬉しい値段です。その反面、日本語と同じく「4」は「死」と発音が似ているので¥444や¥14などは最悪な値段設定となります。そのほか、「バカ」という意味の「250」は避けたほうがいいでしょう。上海など一部の地域では「13」も同様の意味を持ちますので、避けた方が良いです。

 

最後に、やはり中国語の対応です。中国人は、特に60代以上の人たちは、英語をまったく学んだことのない人が非常に多いです。日本人には考えられない程度で、本当にアルファベットでさえも全部は言えない人も珍しくありません。

 

なぜなら、その人たちが学生時代だった頃の中国では、一般的に学校では英語の授業はありませんでした。私の両親も学生時代の外国語はロシア語でした。そのため、日本語はもちろんのこと、英単語1つも分からない中国人観光客にとって、中国語で接客してくれると非常にありがたく、嬉しく思います。その嬉しさで予算外のお買い物もしてくれるかもしれませんね。

 

 ガルベラ・パートナーズ・グループのなかでも、中国人向けの販売強化については、当社、株式会社チャイナ・フォーカスがサポートしています。メニューや接客など、さまざまなテーマで貴社の販売をサポートいたします。

 

実用性の高い中国語を学ぶなら、弊社が運営している中国語教室、チャイナ・フォーカス・アカデミーを一度お試しください。体験レッスンは無料ですので、お気軽にお声掛けください。また、貴社にお伺いしての集合研修も行っています。これまでも、ホテルやお土産店、レストランなどで研修を行っており、短期集中型で貴社のスタッフの皆様をサポートいたします。

ページの先頭へ