Q&A集| 中国語会話

講師全員が日本語能力検定1級取得の四年制大卒中国人だから、
短期間で確実なレベルアップをお約束します。

「麻婆豆腐」 名字的由来

180年前、四川省成都市の萬福橋で、陳春富という青年と妻劉氏が飯屋を開いていました。劉氏が焼いた豆腐は両面が金色に焼かれ、食感も絶妙のため、評判は非常に高かったといいます。時には肉を食べたい客がいたら、劉氏は牛肉を買ってきて、豆腐と一緒に料理を作りました。劉氏はとても勉強熱心な人で、客の提案を常に取り入れ、料理方法を改善してきました。たとえば、豆腐は鍋に入れる前に小さく切ることや、お湯に塩を入れて豆腐を温めることによって豆腐をより柔らかくすることや、牛肉をみじん切りにすることなど、様々な提案を取り入れた結果、劉氏の豆腐料理は日々上達し、たくさんの常連客を引き寄せました。

劉氏は顔にいくつかの痘痕があるため(中国語で痘痕は「麻子」という俗語がある)、仲の良い常連客に冗談で「麻嫂」と呼ばれていましたが、だんだん年を取って、「麻婆」と呼ばれるようになったといいます。「麻婆」が作った豆腐料理は「麻婆豆腐」と呼ばれ、非常に美味しいため、全国に広がっていきました。これが現在、有力な「麻婆豆腐」の由来です。

「麻婆豆腐」は世界中で有名な中華料理の一品として、各国の人々に好かれている絶品料理といえるのではないでしょうか。

ページの先頭へ