Q&A集| 中国語会話

講師全員が日本語能力検定1級取得の四年制大卒中国人だから、
短期間で確実なレベルアップをお約束します。

中国のお茶

中国では、古くからお茶を楽しむ習慣があり、歴史とともに変化しながら、一般市民へと普及してきました。 日本では中国のお茶と言うとウーロン茶ですが、ウーロン茶は福建省や広東省、そして香港などの南方地域で飲まれているお茶です。北方に行くと、実はジャスミン茶や緑茶を飲むことが多いです。 日本では10時とか3時とかにお茶の時間がありますが、中国にはお茶の時間はありません、その代わり朝から晩までお茶を飲んでいます(笑)。 しかし、お茶の葉にはコーヒー以上のカフェインが含まれていて、飲みすぎると夜眠れなくなります。飲みすぎには要注意ですね。 中国茶は、特に香りと色を大切にするのが特徴です。香りを楽しむための「聞香杯」(お茶の香りだけを楽しむ茶具)という専用の茶器があるくらいです。 中国茶は製法によって、下記のように大きく6種類に分けられています。

ページの先頭へ