HSK情報| 中国語試験HSK

講師全員が日本語能力検定1級取得の四年制大卒中国人だから、
短期間で確実なレベルアップをお約束します。

HSKとは何ですか。

HSKとは「漢語水平考試」Hàn yŭ Shuǐ píng Kǎo shì のピンインの頭文字で、「中国語レベル試験」という意味です。この試験は中国語が母国語でない人(外国人、華僑そして中国少数民族の人が含まれます)の中国語レベルを図るための中国国家級の試験です。HSKは一級から六級まであり、六級が最上級です。では、それぞれの対象者と合格者が達したレベルを見てみましょう。

 一級

対象者:週2~3レッスンのペースで半年間勉強し、150語彙と基本文法の知識を多少身につけた人。

合格者レベル:非常に簡単な語彙と文章を理解し使用でき、具体的なコミュニケーションの要求を満たし、中国語の更なる勉強のための準備ができている。

 二級

対象者:週2~3レッスンのペースで一年間勉強し、300語彙と基本文法の知識を身につけた人。

合格者レベル:中国語で熟知した日常の話題について簡単な交流ができ、初級中国語がマスターできている。

 三級

対象者:週2~3レッスンのペースで一年半勉強し、600語彙と基本文法の知識を身につけた人。

合格者レベル:中国語での生活、勉強、仕事の面において基本的な交流ができ、中国を旅行する際に、身のまわりのことが中国語でこなせる。

 四級

対象者:週2~4レッスンのペースで二年間勉強し、1200語彙とほとんどの文法の知識を身につけた人。

合格者レベル:中国語で広い範囲の話題について交流ができ、母国語が中国語の人と交流が比較的流暢にできる。

 五級

対象者:週2~4レッスンのペースで二年以上勉強し、2500語彙と文法の知識を身につけた人。

合格者レベル:中国語の新聞や雑誌を読むことができ、中国語のテレビ番組や映画を鑑賞することができる。また、中国語で比較的まとまったスピーチができる。

 六級

対象者:5000語彙以上をマスターした人

合格者レベル:読み書きやヒアリングにおいて、中国語の情報を簡単に理解でき、且つその情報について、会話あるいは文章で自分の意見を中国語で流暢に表すことができる。

ページの先頭へ