講師全員が日本語能力検定1級取得の四年制大卒中国人だから、
短期間で確実なレベルアップをお約束します。

CHINA FOCUS ACADEMY BLOG

カテゴリ:日本人が間違いやすい中国語訳

「お疲れ様」の中国語

お疲れ様は中国語で「辛苦了。」(xīn kǔ le)(シンクーラーに近い)と言います。

 

実際使う時は、日本のように、オフィスでの日々の挨拶くらい頻繁には使っていません。

普段の生活で良く使われる場面は、下記のようにまとめることができます。

①上司から部下に仕事を頼み、完成した時

②工事の職人さん、配達員さん、ハウスキーパーさん等、体力を使う仕事をしてくれた方に言う

③大勢の人で何かの体力の消耗する行事を行った後、例えばイベントや引っ越しなど

 

更に、三文字だけでなく、「您」、「谢谢」、「麻烦」などと弁用し、

より豊かな文章にした方がより丁寧になります。

 

例えば、配達員さんが炎天下で荷物を持ってきてくれた時に、

「这么热的天辛苦您了,谢谢啊!」(こんな熱い日にお疲れ様です。ありがとうございます。)と言うことができます。

 

日本語に訳すとなかなか恥ずかしくて言えない人が多いかもしれませんが、

中国人は中国語ではこのような表現を良く使います。

このような言葉を聞いた配達員さんもきっと心が温まり、嬉しくなるでしょう。

 TSJ93_jyoshimanejk20150208104047-thumb-autox1600-18259

「方便」の意味

「方便」という単語は、早くも初心者向けのテキスト「はじめの一歩」の段階から登場した初級レベルの単語ですので、すでに学習している方も多いかと思います。しかし、実は「方便」はたくさんの意味があり、実際の日常生活で違う場面において、中国人は違う意味で使っていることをご存知でしょうか?

 

 まず、下記の笑い話を見てみましょう。

 

  几位中国同学邀请刚来华学汉语的外国男生吃饭,中间,一名中国同学出去「方便一下」,外国学生不懂其意,大家告诉他是去上厕所的意思。外国学生记住了。一天,一名中国女生希望在他方便的时候拜访他,外国学生立即摆手,说你什么时候都可以来,但就是我方便的时候不能来。后来,外国学生还把服务行业常见语为顾客提供方便,理解为为顾客提供上厕所服务。

 

和訳:中国人の学生数人が中国に来たばかりの外国人男子学生を食事に招待した。食事中、中国の学生は「方便一下」と言って席を外した。留学生はその言葉の意味が分からないため、「それはトイレに行く意味だ」と中国の学生が教えた。留学生はしっかりと覚えた。ある日、中国人女学生が留学生の「方便的时候」(都合の良い時)に訪問したいと言い、留学生はびっくりして手を振りながら、「いつでも来ていいですが、僕が「方便的时候」(トイレに行く時)だけはだめですよ」と言った。しかし中国人から見ると、「いつでも来ていいですが、僕が都合の良い時だけだめですよ」というふうに聞こえ、意味不明な回答になりました。その後、留学生はまたサービス業の店で良く見かける「为顾客提供方便」(お客様に「便利」を提供します)のキャッチフレーズを、お客様に無料のトイレを提供しますと勘違いした。

 

 まとめてみると、「方便」は、「トイレに行く」、「都合がいい」、「便利」の意味があります。そのほか、「お金に余裕がある」という意味もあります。例えば、我最近手头不方便。(私は最近あまりお金に余裕がありません。)という風に使います。

 

 いかがでしょうか。皆さんはこのような笑い話にならないように、「方便」の意味をしっかり理解して使ってくださいね。

 

ページの先頭へ